わが国には、豊かな自然や多様な風土に育まれた伝統芸能や祭礼があります。
それらが地域に誇りと愛着をもたらすとともに、まちづくりや地域振興の核となり、観光や経済振興にも結びついています。

ここ奈良県でも、「高円宮殿下記念地域伝統芸能賞」を賜りました国指定無形民俗文化財の「春日若宮おん祭の神事芸能」をはじめとする多数の伝統芸能や祭礼が、地域の人々によって守られ、時代の移り変わりとともに変遷しながらも、今に伝えられています。

地域に根づく伝統芸能等の営みを未来に向けて持続していくためには、継承・保存活動に日々取り組まれてきた方々を顕彰するとともに、担い手の育成と発表の場を創出し、幅広い年齢層へ伝統芸能の魅力を発信することが重要です。

そこで、「はじまりの奈良 文化の力で日本を元気に」をテーマに全国各地や海外の伝統芸能が一堂に会する「日本の祭りinなら・かしはら2019」(第27回地域伝統芸能全国大会「地域伝統芸能による豊かなまちづくり大会なら・かしはら」)を9月28日(土)・29日(日)の両日にわたり開催します。

いくつもの時代を越え、様々な時代の人々の営みに寄り添って大切に受け継がれてきたものが伝統芸能です。この大会を通して伝統芸能を体感し、その源流と変遷を知ることによって、それぞれの地域の奥深い魅力に出会えることでしょう。皆様のご来場をお待ちしています。

荒井正吾
第27回地域伝統芸能全国大会
「地域伝統芸能による豊かなまちづくり大会なら・かしはら」

実行委員会 委員長
奈良県知事 荒井 正吾